噛み合わせは大切

治療

歯の並びによって悩みを抱える方は多く存在します。矯正治療を行いたいと思ていても様々な難題があり、なかなか一歩を踏み出せない現状でもあります。過去には、金属が見えて恥ずかしいというケースもありましたが、舌側設置やマウスピースの登場によって解消されてきました。これは、大きな矯正技術の進化であり、難題克服の成果につながったケースとなります。 しかし、費用の難題は未だ克服されていません。保険適応外となる矯正では施設によって定められた費用設定になります。今後、矯正技術の向上と簡易化が進められ、より多くの施設で矯正治療が取り扱われる予測と共に、価格競争の時代が訪れるかもしれません。保険適応となる動向は正直期待できるものではないため、器具や技術費用の低下が難題のカギを握るものとなります。 また、難題には費用に限ったものだけではありません。治療にかかる期間も難題の一つと言えるでしょう。最近では、矯正種類による期間の短縮化が進められているので、今後も期間短縮に向けた取り組みが行われる動向に期待が持てます。

治療にかかる費用の減少や期間の短縮は誰もが望むものです。しかし、費用と期間は自身の歯の並びの治療成績に大きく影響を及ぼすものであることは過言ではありません。 例えば費用に関して、ブラケット・ワイヤータイプではメタルが使用されています。これ以外にはセラミックやプラスチックが使用される事もありますが、セラミックは硬質かつ見えにくい材質となります。矯正における効果、心理的効果は抜群な存在ですが、やはり高価な代物となります。 期間に関しては、より時間をかける事で、元に戻ろうをする働きを抑える事が出来ます。早く矯正すれば早く戻ろうとするのが特徴であり、治療成績に影響が現れます。時には、ブラケット使用を行った後、さらに時間をかけマウスピースによる治療を行う事もあり、費用拡大と期間延長するケースもあります。 この費用と延長の拡大は個人によって変化するものです。時には、治療終了予定前に追加となることも考えられます。治療成績につながる必要な拡大であることを理解・想定したうえで矯正に挑まなければなりません。